ベリーの書斎
Z鯖でプレイしている通称『ベリー』ことShrewsburyの航海日誌を記します。
プロフィール

ベリイ

Author:ベリイ
FC2ブログへようこそ!

(1)「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」
(2)このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お父さん
Surcoufのお父さんを見つけました。

またまた、模擬で沈みすぎて、頭イカれちまったのか?ベリイさんよお。
とか言わずに、暇すぎて何もしていない人は・・・ まあ読まなくてもいいや。(意味不明w

えーっと。昨日模擬の準備でリスボンにベリイキャラで徘徊しているときだったのですが、Surcoufと同じ名前の人を見つけてしまいました。^^
うお!こっちは元の人のようだ。俺みたいに、PD2からとってきて後で気づいたパターンじゃないみたいだ!

でも・・・ 旗見ると・・・ フランスじゃねーなぁ。フランスにおいでよ。><w

もちろんシェルは、ポル商狩りすぎてリスボンに今入れません。
入れたら、白茶でも声かけにいったのだが。(笑

調べてたらもう少しわかってきた。Robert Surcouf!

ほとんど見つけたところのパクリになるが、やっぱり海賊らしい。w
インド洋方面で、イギリス相手に活動していたとか。情報分析力に優れていたそうです。


以下は、毒物が混入した名言です。w

イギリス人に「フランス人は金のために戦うと聞いているが、イギリス人は名誉のために戦うのだ。」と、言われたときに・・・

Robert Surcoufは「だれもがそれぞれ自分にない物のために戦うのだ。」とか、返したそうです。

無駄にかっこいいね。(爆笑
スポンサーサイト
トコトコ2
さてまたも懲りずにフランス国籍で始める2垢目のキャラクター。
名前は・・・

「シェルクーフ」

えっと。元は『終戦のローレライ』だったかな。そこに出てくる潜水艦の名前なんです。
他にも、私が好きだったゲーム。パンツァードラグーン・ツヴァイに白い塔のような船が出てきます。これもシェルクーフという名前。プレイヤーのドラゴンは、果敢にもこの船に攻撃をかけるわけですが。^^;

ちょこっと気になったので、名前の意味をウィキとか見てまわって調べてみる。
なかなかヒットしないなぁ・・・ どこかにないかなぁ。と、見て回っていると。
出てきました!!

Robert Surcouf

人名みたいです。ロベール・スルクフ(シュルクフ?)と発音するのかな?フランス語だと。
ちょっと私には、そのあたりがわかりませんが。
船の名前を人名に使ったつもりが、はからずも元ネタの名前が人名だった!

しかも、この人・・・

ルイ14世時代の人じゃないですか!!
ちょろっと読み漁ってみたところ。コルベール宰相のもと、コルセアのひとりとして、私掠海賊やってたみたいです。つまり実在の航海者の名前とは・・・
東インド会社の船を拿捕ったりして像まで建っている人らしいです。(苦笑

今日は、大海戦の初日です。
ベリーのほうは、参加してまいります。
「銃士」
えっと。ゲームの銃士の話ではありません。
デュマの『三銃士』の銃士ね^^

少し前に読んだ本なのですが、佐藤賢一さんの「二人のガスコン」(上・中・下)があります。出版は講談社ですね。
佐藤さんはフランスが好きなのかな?全部読んだわけじゃないんだけど、フランス関係の小説が多いです。

時代はルイ太陽王の君臨する少し前の時代。三銃士で有名なシャルル・ダルタニャン、そして剣客詩人のシラノ・ドゥ・ベルジュラック。
異質な個性を持つ二人の勇者が、文字通り冒険活劇をやっちゃってくれます^^
そうですね。ダルタニャンは知っていても、シラノは知らないって方は多いと思います。ここに出てくるダルタニャンは結構歳いってます。(笑

※余談だが、佐藤さんはダルタニャンの史実本みたいなのも書いています。

話は、最初に戻るけどね。この本とか、デュマの「三銃士」でもいいべ。
この手の本読むとさ。今のゲームにある銃士の職に、ちょいと浪漫を持ちたくならない?
銃士ってのは、なかなかいい日本語訳で、原語を直訳しちゃうと「マスケット銃兵」とかいう、シミュレーションゲームのユニットみたいな名前になってしまうらしい。

どなたが「銃士」という単語を考えたのかわかんないらしいけど。

もしいつの日か、フランスの銃士になる日がきたら、エスプリがおもむくまま、血をたぎらせて、遊んでみたいなぁと、夢見てますのです。^^
モンペリエCP2
CP2がパッチされました。
商会チャでも、ペットの話とかマイレシピ帳の話とか出て、賑やかですね。
そして、我が祖国フランスの誇る港町モンペリエ!

ここにも新たなる交易品が追加された・・・

その名もニンジン!


・・・(・ω・)

これを食べて強くなれと?
鼻先にぶら下げて、競走馬になれと?

ヘルデルでも産出されるみたいですね。ニンジン^^

ニンジン料理でも出るのかなぁ。ベータカロチンで戦いぬくぜ!この冬季戦線を。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。