ベリーの書斎
Z鯖でプレイしている通称『ベリー』ことShrewsburyの航海日誌を記します。
プロフィール

ベリイ

Author:ベリイ
FC2ブログへようこそ!

(1)「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」
(2)このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝台特急
初めて乗りました!寝台特急~♪
そんなわけで、仏事で出張な私は大海戦に参加できず。トホホホ~><

なにかと暇だったので、読書にふけりました。
持っていたった本はこれ。

ハヤカワ文庫の海の男/ホーンブロワー・シリーズだったりする。
俺も海の男だしな。いつでも船を忘れないようにするぜ^^

・・・これを世の中では、廃人とか言ったりするのだろうかw

さて、通勤電車とかでチョコチョコと読み進めて、4巻を読み終えて、5巻の途中だったりします。
4巻は大航海ファンにオススメできるなぁと、思います。特に、今のクルス・デル・スールが来た直後ならば!
と、言いますのも内容がサルベージに関するお話なのです。

ホーンブロワーさんの軍歴は、海尉心得からスタートして、こつこつと武功をかさね。小さいながらもスループ艦の艦長に任ぜられます。そして、4巻の「トルコ沖の砲煙」におきましては、銅張りのフリゲート艦の勅任艦長になります。
そして、ついた任務が、トルコ沖に沈んだ金輸送船のサルベージ任務!戦争で国庫にあえぐイギリスを救うため、単艦にてトルコ沖まで出張します。
トルコの眼をかいくぐって、コッソリとサルベージ!
それまでの巻にあるような戦闘シーンは少ないですけど、緊張感がよく描かれていて、気に入りました^^

サルベージにハマっているDOLプレイヤーには、オススメできる内容ですね。
スポンサーサイト
仏事
大海戦の発表がされてます。
今週の金土日の三日間でございます。イスパニアターンでして、攻撃目標はポルトガル同盟港サンジョルジュ。
これまでの流れからして、ベリイの所属するフランスも参戦する可能性が高いです。
前回の海戦では、ポルトガルに負けているので、今回は是非とも参加したいところなのですが・・・

どうやらリアルで仏事が入るかもしれません。
参加が難しいかもしれんな・・・

とりあえず。海戦に左右されることなくトレーニングをしておくかな。^^;

最近は、経験値を稼ぐときは、南米でトリンダージ海賊探してます。
砲撃熟練を求めて、ペチもやったなぁ。
白兵が、前からおろそかにされているので、剣士あたりへの転職を考えたいです。

以上は、ベリイの近況報告?でした。

以下は、本当にあった怖い話!!


Canopusには、愉快な仲間がいます。彼にまつわる話なのですが。
そうですなぁ・・・ 仮に彼のことを、さるくんと呼びましょうか。(爆
さるくんが、ある日のこと、商会チャでお化けを見たような形相で話を始めました。
なにやら事態を聞きますと、通りすがりの方に船を預かるように依頼されたそうです。さるくんは、見習い船大工さんでもありますので、そのあたりの心情もあったのでしょうか。
快くしばしの間、船を預かったそうです。優しいね!彼は。私ならば、ネコババして・・・r

まあともかく、数分後船主さんがやってきて、預かっていた船を返却します。

今日はいいことしたなぁと、気分よく船に乗ろうとしたところ。

※ものすごい脚色が入ってます!!時間も経ってますので、話は正確さも欠いてます。要注意!!

所持金がすごいことになっている!!!! そう金額が恐ろしく増えているのです!
詳細な金額は、忘れちゃいましたが。たしか14Mか15Mほど増えていたそうです。

あわてて、持ち主にTELLをして、お金を返そうとしたらしです。
つかまらなくて、町中にシャウトもかけたそうです。

トホホホホ!今日は一日シャウトかなぁと、途方にくれていると、船主さん登場。

その方に早速返却しようとしたところ・・・


お礼です!と云われて、唖然としたそうです。^^;


さるくん>そう ただ10分預けただけニャ 移動は無いのにニャ~
シュリュズベリイ>^^;
シュリュズベリイ>それはなんだろう。愉快犯?w
さるくん>さあ~
エセ交易商>金持ちの考えることは・・・w
さるくん>貧乏人は肝を冷やすニャ~

まったくです。w
私を含め、貧乏人の寄り合い所帯です!Canopus!(マテ

エセ交易商>ワカルワカル
ウル師匠>いや~さすがさるっち善良だw誰かの香辛料預かって隠れた俺とは違うw
エセ交易商>Σ

ししょー><w

顛末はお金を返還。一部をお礼として、受け取ったとのことです。^^
目指せ!52の船!野望編
アパルタメントに貯蓄しておいた香辛料を売りました。
白いブツ(羽毛)での、交易訓練を合わせますと・・・

現在交易41レベル。

なんとかここまでやってきました。マリー・マーガレット。
さて、スキルをざっと見渡しますと、そろそろ将来の計画性が必要なところです。
セカンドキャラですので、海事とかはベリイほど熱心にやらないでしょうし。
冒険は分担すると決めたので、ある程度まで伸びると信じたいのですが。><w

最近、悩んでいるのが、どこまで生産・交易スキルをとるか?

○最初のコンセプト:大砲作れればいいや。

○少し芽が出た:造船やろっかなぁ。

○冒険分担計画:生物を中心にやっていきたい。

○最近の野望:工芸・調理いけちゃうかなぁ?

・・・欲張りすぎ><w
マリーではパンクしちゃいますって。(笑

調理まではやりすぎかなぁ。^^;
採集職人さんのスキル状況とか見ていると、かなりきつそうだしなぁ。

工芸って・・・ 何でもできちゃうから、迷うんだよねー><w


とりあえず。表題に戻りますが、52の商用クリッパーの前に商用大型スクーナーを狙ってみようと思います。^^
50勝 ~未踏~
50勝 169戦功

以上にて、今月の私のBCは終了~
参加者のみなさんお疲れさまでした。

以下は感想とか。


○底でいいや。

すぐに耐久が減っちゃいます。5スロット大型なので・・・ 名工を使うのがもったいないような気がします。
囲まれて、横でポポンと打撃うけると沈んじゃいますけど。^^;
どーにも、名工使う気になれなかった。
周りの方々見てても、ほとんど底の方が多かったような気がします。
ペリエ5スロットの砲撃を、遠い距離からクリティカルで、受けると・・・
やっぱり沈むんだよなぁ。これが><w


○途中から脳筋さんしか、いなかった。

一般の方が来ておられたのが、初日と二日目くらいかなぁ。
他の曜日は、私もそんなに長く滞在したわけではないのですが、ほとんど脳筋さんだったと思います。
自分はヘタッピ矯正訓練のため、よかったと云えばヨカッタのですが。;;
固定艦隊できている方でも、システム的な部分で、野良と組むことが多かったんじゃないかなぁ。
一般の方も巻き込むためには、もうひと工夫が必要かなぁと思いました。


○中型。

初日だけ?中型艦隊が回転していたのは・・・
他の曜日だと、ポツリと作戦が一個あるかないか?
聞いたところによりますと、初日の中型の回転率が異常だったそうです。
試合が大体5分で終わるらしいので、数がとにかくこなせるとのことです。
初日とかのランカーには、中型の方が入っていたみたいですね。
なんでも、NPCとかも一撃でケリがつくらしいので、勢いよく50ポイント行っちゃうらしいです。

マレシャル欲しい方は、中型でゴリゴリと・・・ かなぁ><w


○商会イベントとして使えるか?

BCの鍵システムで、商会の模擬やらない?という話が、以前に持ち上がりました。
私の感触としては・・・

「周りの視線を気にしなければ、OK!!」

だと思います^^

作戦立案者の名前がしっかりと出ますので、周りのプレイヤーからの、何やっているんだろう?まさか戦功稼ぎじゃないよな?とかの、視線は浴びちゃうかもしれませんが。気にしなければ、遊べると思います。

うちのCanopusだとしたら、中型かなぁ。大型だとNで戦列艦とか出てくるし。うちらだと、Nが大暴れして試合にならなかったり。><w



多分、いろいろ批判もある内容だったと思うので、次からBCはルールが変わるのかなぁとか、今思ってます;;
途中経過 ~座礁~
浅瀬に座礁しまくりなベリーです。

マレシャルとかいう称号欲しいなぁと、思って頑張ってみたバトルキャンペーン。
しかし、圧倒的な真の脳筋力が立ちふさがる!私程度の力では、戦局を左右できない。むしろ足を引っ張る場面だらけです。

それが如実に数値に表れてきた。

現在の経過。

戦績150 勝利数40

やっとこさ勝利数40に達しましたが。戦績がついていっていない。
これは、いかに自分が戦いに慣れていないかを、あらわす数字だ^^;

おそらく、明日、明後日を使っても条件をクリアすることはできないかもしれない。
でも、参加していると・・・ 各国の有名軍人さんと刃を交えることができる。
これはこれで、いいかも。

諦めるのは簡単だけど、明日、明後日。仕事終わったらBCを続けたいと思う。結果がでなくても、出ると信じて諦めずにね。><b

BCの仕様については・・・ とりあえず。終わるまでノーコメントってことで。@@
15日は浅瀬に乗り上げる日。
バトルキャンペーンが始まりました。
初日は、仕事をとっととかたづけて、速攻ログイン。
四時ごろから遊んでました。休憩をはさんで、ヴェネチア・ポルトガル両陣営に雇われてみました。

感想としては・・・ 撲殺するサッカーかなぁ?^^;

ゴール(敵陣営ゾーン)に押し込んで、ゴールから復帰する敵をバットで撲殺するゲーム。@@

はたしてこれは、定着するかなぁ。><

以下は、この数時間で確立されたっぽい戦略?みたいなの。

・出航したら、高速移動スキル(BC専用)で敵とすれ違いながら、敵陣営に突入。
・急いで敵陣営のNPCを蹴散らして、UターンするなりしてPCと交戦。
・なるべく自陣営で沈められないように、敵陣営ゾーンに敵を誘導。
・当然ながら孤立は危険。
・敵陣営で復帰してくる敵を、その場で片付ける。
・カリブゾーン特有の浅瀬は乗り上げると、ダメージ受ける。

いかに相手さんを押し込むか?にかかっているのかな。これは^^;
多分。いろいろ間違っているとは思うけど。こんな認識でした。

成績?自分は片付けられる側だYO!
ランキング見るとスゴイっすね。やっと個人戦績50です。@@

これってなんかの称号がもらえると、聞いたのだけど。どのくらいの戦績なのだろうか・・・ それとも勝利数なのかなぁ。
白いブツ
マラッカで白いブツをマリーに投与してきました。
ちょこちょこと、交易をあげてからベリーにキャラ交換し、明日からのバトルキャンペーンの準備をしてから、就寝。

結構、遅い時間になっちゃったなぁ^^;


☆白いブツ交易とは?

マラッカで、ひたすら羽毛を生産すること。
カテ1連打!連打!
やりすぎると、出来上がった白いブツなしでは、生きていけない身体になってましう。><w
80くらいずつの単位で売ると、経験値効率が良いと、タマちゃんに教えていただきました。どうやら単品商売ではリミッターがかかって、ある量から経験値が落ちるみたいです。


リスボンで、艦のオーバーホールを終えて、新品になった船に船員を徴募していると・・・ カサドールコートを並べている露店を見つける。
シャウトもしており、おもわず手にとって試着してみる。

シュリュズベリイ「素晴らしい!フェランくん(副官エルナン)。どうだね?このファッションは!」

アンドリュー・フェラン「二つ折りのバイコルヌとも、合いますね。」

シュリュズベリイ「もちろんだ!明日からの、私の戦いに相応しい戦装束だと思わないかね?」

アンドリュー・フェラン「・・・船長。その服のお値段は13カロネです。;;」

シュリュズベリイ「・・・その13カロネとは、何の通貨単位だね?」

とかいう会話をしたかどうかはわかりませんが。(笑

買ッテナンカナイヨ。
第二の交易船
商用クリッパーが便利すぎます。><w
現在の船のラインナップ。

戦列艦☆2
砲撃用特殊ガレオン☆3
重フリゲート☆2
コルヴェット☆3
商用クリッパー
商用サムブーク

考えているのは・・・ マリーが交易52になってしまったあとの、第二の交易船です。(気が早!

なんだかんだとキャラをいったりきたりしているので、交易船が二隻欲しい・・・
商用クリッパーを二隻???

・・・あまりに味気がない結論でして。orz

商用大型スクーナーってどうかなぁ?
もしくは、武装大型スクーナーか、大型スクーナーを商用仕様で+18にするの!(笑

考えとこう。

いい話あったら教えて><w
金の重み。
定期船を乗り間違えて、ケープからリスボンに帰ってしまいました。
今日は不貞寝しますマリー・マーガレットです。

先日の話になりますが、イスパニャンの友達に連れて行ってもらって、ヴェラクルスに金を買いに行きました。
ベリーで行ってきたのですが、金交易ってスゴイですね。
またまたマリーで欲しい交易スキルが増えてしまいました。

イスパニアのみが、各国のなかで領地に貴金属を産出する港をもっているようです。それでなのかな?イスパニア国籍ならば、貴金属交易も視野に入ると云われるのは。

往復と金の売却で所要時間はおよそ1時間半。カテ3クエも受け、帰りはカテ4クエ。ベリーはフランス国籍ですので、ヴェラクルスでは影響力がありません。カテ4は購入に使用した分を考えると、トントンくらいです。^^

商用クリッパーに満載して帰国。金の売却で、大体3.7Mくらいの利益になりました。
時間を考えると、香辛料よりお手軽だなぁ。香辛料はガッツリ儲かるけど、自分のプレイだと丸一日か、二日がかりという形になります。

貴金属交易は、中距離交易です。

高く売れるのはナポリとからしいですね^^

以下は余談です。
貴金属の単位のトロイオンスのトロイとは、中世フランスのシャンパーニュ地方の取引市場だったみたいです。マメ知識ということで。><w
冒険について語る。第二夜。
こんばんは。
第二夜ということで、今日は冒険が専門でないという方からの視点で、冒険を考えたいと思います。

軍人やるにしても、交易やるにしても、はたまた生産者を極めるにしても、いつなんどき問題になるのは、枠!
スキル枠っすね。><

これが足りなくて、あの欲しいスキルを見送りとか、言語削りとかの事態になります。
いずれにしても、冒険家でない方が冒険レベルをあげるのは・・・

「スキル枠が欲しいから!」

という理由が多いんじゃないかなぁ@@

あ。目標船のための調整もあるか・・・w

冒険レベルをてっとり早くあげる手段としては、採集とかの手段もあると思うっす。
やりすぎると、マクロと間違われるなんて、難点もあるみたいですが。
スキル枠ひとつなので、かなりお手軽かも・・・orz

採集がイイ!という身も蓋もない結論書いても、なので・・・
(採集職人さまごめん><w)
少ない枠なりに、冒険してみよう!って考えます。
第一夜にあげたスキルをパラパラと見ますと、やっぱり地理・生物がお得でしょうか。
クエストも豊富だし、枠もどちらか片方ならば、2枠ですんじゃいます。

ただ中には、地理・生物両方で4枠までならば、OKという方もいるかな。
そんな方に、もうひとつの選択肢としてどうかな?と思うのが・・・

「美術・財宝鑑定・探索・開錠」セット^^

美術・財宝鑑定は、両学問とも必要スキルは探索と開錠。美術は、名声も高めで安全海域内のクエが多いです。財宝は、うまく立ち回れば収入もUP!
良いこと多い気がします。
しかも、盗賊なれば、美術・財宝・探索・開錠と全部そろってます。この職業ひとつで、事がすんでしまいます。

☆不利な点
・美術はクエスト総数が少ない。
・前提クエストを要求されるものが、意外とある。
・盗賊はクエ出し条件に考古9・探索9があるので、人脈が必要。
・初期の冒険職に入っていないので、港発見などである程度の冒険上げと、交易・海事レベルが必要。

あ・・・ なんか書いてて思った。
やっぱり、地理・生物のタッグのほうがいいかも。><w
セビリアの星。
本日はセビリア模擬に参加。
有名な方が講師さんに来てくれまして。すごいドキドキしました。
ポイントで、艦隊に指示してくれまして。とてもためになりました。

いつか、ああなりたいなぁと、思います。
とりあえず。成績はこんなかんじで。

戦闘数17 与撃沈2 決定打2 被撃沈3 拿捕0

友人が多くできたなぁ。今日はセビリアに出て正解だった。
最初、オポルト行こうとしたんだけど、急に怖気づいちゃった@@

中型模擬ですと、コルヴェットの方がいます。
大型模擬だと、戦列艦や巨大なガレーとで、速度は目で追えますが・・・
自分はコルヴェットの速度は目で終えません。(笑

お尻から、二発連続でポンポンとクリティカルを受けて撃沈されたときには、かなりションボリした。w

でも、沈んで無様をたくさん晒したほうがいいね。この模擬では。^^
冒険について語る。第一夜。
冒険やりたいんだけど・・・ 何をとったらいいかなぁ?何がおすすめ?

と云う初心者のための冒険講座!
別に、私は冒険者でもなく、中途半端な軍人であるが、語ってみようと思う。
自分の体験と、人様の話をおりまぜてのものです。

所詮は、軍人くずれの話なので、ここを真に受けて、キャラメイクに失敗しても、責任はとらず。わかっているとは思うけど、スキルの取捨選択って、最後は御自身の決断なんだよね^^

だからこそ出来上がったキャラは面白い!

必修は無いと話にならないもの。^^;
副次は、あったらいいなぁスキル。

○生物学
必修スキル:生物学・生態調査
副次スキル:釣り・探索

本業が冒険者じゃない方に大人気なスキル。必修科目を見てもわかるように、二枠ですんでしまう。そして、クエストの数が多いのが、魅力。
おそらくだけど、これ一本のばしただけでも、冒険レベルをあげることは出来る。海洋生物も含むので、海の上だけですんでしまうクエストもあったりする。
釣りスキルにも相性がいいみたいです。魚の発見カードをGET!
探索は化石見つけたい人には、いいよ。
ここを押さえるだけでも、論戦のカテゴリーが意外と幅ありますね。
難点は、移動距離が長いのが多い。


○地理学
必修スキル:地理学・視認
副次スキル:開錠

これまた冒険が本業でない方に大人気スキル。やっぱり二枠ですんでしまう。クエストもかなりある。特徴としては、上陸しないでクエを終わらせてしまうことができる。考古学とか、財宝の類は港や上陸地点、さらにその奥地に足を運ばないといけないのですが、海の上で全て片付いてしまうのが、地理学の特徴。
開錠は、書庫の地図やりたい人向けかな。いらない子になるかも。
これも、やっぱり移動距離があるかも。^^;


○考古学
必修スキル:考古学・探索・開錠
副次スキル:視認

うーん。副次に視認いれたけど、微妙だね。必修にいれたいね。
一応、考古・探索だけでも遊べるけど、なるべく視認をいれたほうがいい。無いと魅力がガックリと減ってしまう^^;
クエスト数はかなり豊富。考古学なしに冒険を語るのは・・・ いやいや。これは私の先入観だったね。
たまに、発見物にまつわるアイテムももらえます。
視認は、遺跡発見に使います。
やっぱり、視認は必修科目かも。><w


○宗教学
必修スキル:宗教学・探索・開錠
副次スキル:開錠

こちらも考古学と同様に、視認は欲しいところです。普通にとっといたほうがいいと思う。
なくても、遊べることは遊べるけどね。^^;
性格的には、考古学と似ている部分が多いと思う。これは宗教っぽい遺跡とか遺物だなぁっと、思われるものがこちらの学問に放り込まれている。


○財宝鑑定
必修スキル:財宝鑑定・探索・開錠

財宝ですね。サラディンの剣とか、獅子心王の甲冑とかここに入ります。
特徴は、アイテムがたくさん貰えます。(笑
うまく商売すれば、収入源になりえると思います。
難点は、初期冒険職に優遇がないこと。最初にこれのみを専攻するのが、難しいことでしょうか。


○美術
必修スキル:美術・探索
副次スキル:開錠

中世からルネサンス期の宗教画とか、古代の彫像みたいなのが、ここに放り込まれております。それが当時の「美術」と友達に聞きました。
インドの絵画はないの?新大陸の絵は?
とりあえず。そんなクエストはないw
特徴は、ヨーロッパで全部すんでしまうこと。ほとんど安全海域で片付いてしまう。入ってくる名声も高め。絵画に関しては、すべて独自のグラフィックを使っている。
難点は、欧州圏にしかクエストがないので、総数としてクエストが少ないことかな。
財宝鑑定同様、初期冒険職に優遇が無いのも、難点かな。
副次に、開錠をいれましたが、考古や宗教、財宝ほどでないにしても、開錠使う機会あります。


第一夜はこんなかんじで。
副官戦記
副官を二人ほど、交代させました。
現在のスタッフは、こんな感じ。

エルナン・ランスロット・イクバール・ハンス

私見ですけども、それぞれの良いなぁっと思う特徴を書いておきます。

○エルナン

脳筋御用達の副官ですね。ウリは妨害とニ連弾防御。妨害とニ連弾防御があるのは、エルナンだけ。
強い友達から、妨害は不要っと話を聞きましたが、理論をまだ聞いていない。もしかしたら、エルナン以外に候補が増えるかも。
対人副官の選択肢がいっぱい増えたら、いいなぁと思います。

おまけで、防火があるのも得点が高いです。

○ランスロット

兵長にエルナンを配置するとなると、もう一人の副官は見張りになると自分は思ってます。海事方面で見張りの性能がいいのが・・・
ランスロットとイゴールですね。操舵と回避があるのが、この二名のみです。イゴールは船大工さんに重宝されているみたいです。ランスロットの良い点は、奇襲とニ連弾防御、そしてインド諸語(便利!)。防火。
自分の造船はR5。伸ばす気がないので、ランスロットにしました。

○イクバール

収奪屋御用達の副官。奇襲と積荷強奪を持っています。もちろん、それぞれ配置が違うので、別で持っていないと意味がないのですが。^^;
自分の妄想的未来計画では、ランスロットに奇襲をかけてもらい、イクバールで積荷強奪をはかるつもりでいます。
そして、イクバールさんも、二連弾防御もっています。
積荷強奪を持っている副官は、他にも多いです。御自身の用途に合わせて選ぶといいですね。
自分は、ニーナとイクバールで迷いましたが、陸戦をプチっとやるので、剣術もっている副官が欲しかった。上記二人は、剣術はありません。4人目も海事にすると、ちと幅がせまくなるので、イクバールに剣の腕を求めました。

○ハンス

交易用の副官として雇いました。繊維、縫製、会計のみの私には、ちょうどいいスキル補正です。
縫製家の副官としては、他にフランシーヌや、シャルロットなどがあがってくると思います。どちらも人気があり、便利です。
ここの4人目の役割は限定されているので・・・ 縫製・繊維・防火これだけを基準に選びました。
ハンス・フラン・シャルの三人は、この基準を満たしています。

あとは・・・ 言語だけ。><w

本当は、フランシーヌや、シャルロットとキャッキャと騒ぎながら遊びたかったなぁ。(涙



結果。

鎧男(エルナン)、熱いイスラム(イクバー)、熱い賞金稼ぎ(ランス)、禿げ漢(ハンス)・・・

4人全員、男の副官・・・ むっさー!@@


先日、エセ交易商さんと、タマちゃんに許可もらいました。
せめて、執事はマリアちょんにしていい?@@

憐れんだのか、執事はチビッ娘で許してくれました。><
迫り来る巨大戦艦!
いったい何の話だ?

オポルト模擬に参加してきました。
装甲戦列艦には、当然乗れません。でも、それと戦うことはできます!(笑
どんなかんじの船なのかなーっと、遊んできました。

強化☆2の効果なのかなぁ。やたらと白兵防御力が高かった。
動きは・・・ 生き残るのに必死すぎて、速度とか観察しきれなかった。><w

本日の成績。

戦闘数26 与撃沈7 決定打0 被撃沈9 拿捕0

えっと。こないだよりマシなのかなぁ^^;

いかん!知り合い見つけると、つい側に船を擦り寄らせてしまうのはやめなきゃ><w


辺境に理想郷を築くのだ!
カイエンヌツアーです。可愛い可愛い開拓地のために、納品物を集めてました。手順にも慣れてきまして、簡単です。時間がちょこっと空いたら、すぐ参加って形です。^^

装甲戦列艦も出たみたいですし、愛着が湧く都市になるといいですねー。

あと少しで、建造許可書も手にはいりそうです。

でも、装甲戦列艦なんて、まだまだ遠い夢だったり。海事修行を再開しようかなぁ。
以下は駄文?というか今回の本題。w


少し気になったので、各国の開拓地の選択基準を調べてみました。

☆ペルナンブコ(ポルトガル)
ポルトガルの植民地です。染料もとれて、バイオリンの材料にもなるようなパウ・ブラジルという木材の輸出拠点だったみたいです。
ゲームでは丸太があるね。これがパウ!?

☆トルヒーヨ(イスパニア)
インカを征服したイスパニアの総督ピサロが建設した町。彼の生まれ故郷にちなんだ名前らしい。

☆グランドケイマン(イングランド)
イングランド海賊の拠点みたいです。ポートロイヤル艦隊ってのを、このあたりでよく見かけるが、彼らがそう!
ポートロイヤルは、パイレーツ・オブ・カリビアンでも舞台になっているね。現在もケイマン諸島はイギリス領です。

☆ウィレムスタッド(ネーデルラント)
オランダがイスパニアから奪った島に、街建てたみたいです。
現在も、オランダ領アンティルの有力都市なのかな。

☆カイエンヌ(フランス)
フランス人入植者により建設された街です。北海道くらいの大きさで、現代でもフランス領ギアナですね。
沖合いにデビルズ島(悪魔島)とかいう恐ろしいものがあるらしいです。

☆カラカス(ヴェネチア)
・・・こ、これは苦しい!ヴェネチアは少し調べてみるとわかるのですが。基本的には地中海の民だったのです。^^;
こんなところにまでは・・・
かと言って、ゲームである以上、ヴェネチア人だけ、開拓港無し!というわけにはいかなかったでしょう。

コー○ーさん、すごい苦しいところからもってきた!!
えっと。現在ベネズエラって国があるよね?この国の首都がこのカラカス。
なんでそんな話するの?

まあ暇な人は聞いてw

ベネズエラの意味が「小さなヴェネツィア」。最初この土地にやってきたのはイスパニアの方たち、彼らが見たのが水上生活を営むインディオだったらしいです。それをもって、水上都市ヴェネチアを連想したようです。それがそのまま現在のベネズエラの国名になってます。

で・・・ その首都をそのまま本物のヴェネチアの開拓地として・・・

ちょっと苦しいよね。^^;


以上。

オスマン実装って、いつか来るという話ですが。
そのとき開拓地はどうするのだろうか?かなり興味があります。
普通に考えたら無しなんだけどね。カラカスばりの、すごい開拓地を期待^^
到達!テノチティトラン
ついに、Canopus商会がテノチティトランに到達しました。

このゲームを始め、この商会に入りまして、早いものでそろそろ一年が経過しようとしています。
ログの記録によりますと、2006年10月15日にシュリュズベリイは誕生しております。
Canopus商会に入りましたのが、10月23日となってます。

そのときの記録です。

導いてくれた方>シュリュさんあだ名何にするの?
シュリュズベリイ>ふむう?^^
導いてくれた方>うちみんな呼び捨てだけど~

実はこれが、「ベリー」という呼び方の誕生秘話だったり。w

シュリュズベリイ>うーんと。それで、入力しずらくなかったら。それでいいですよー。(シュリュ
導いてくれた方>いいの?
導いてくれた方>ベリイがいい~
シュリュズベリイ>ああ。うん。それのほうが美味しそうですねー。^^
導いてくれた方>w

ここでは、「導いてくれた方」と書きましたが、彼女はすでにこの世界にいません。戦列艦に乗れるまでになったが、まだ未熟な軍人の姿を見てもらいたかった。
私の名前を見て、大体の方はシュリとかシュリュとかシュリュズと、上のほうを取るのですが、この方は感性が独特だったみたいです。下をとり、それが商会内では定着してしまいました。かなり気に入ってます。^^



前置きや、感傷が長くなりましたが、本題です。
アステカの首都、中南米の内陸都市、ナワトル語で「石のように硬いサボテン」を意味するテノチティトランに商会員と行ってまいりました。

商会としても初です。

私が入ったころからいるメンバーと、私の後から入ってきたメンバー、新旧織り交ざり、ひとつとなってクエストに挑みました。

・オポッサムの発見。
・海戦の突破
・陸戦の突破

バトルに加えて、高いスキル条件と冒険名声が要求されるので、冒険家だけで食べてきた方でも、ソロはキツイようです。

行けば必ず記念撮影の話とかで、盛り上がります。オポッサムの発見からやりますと、それなりの時間をとりますが、是非商会や友人同士で行くことをオススメします。

音楽もステキですよ。テノチティトラン~♪
学術計画。
マリーとベリーの学問の分担について考えてました。
昨日、エセ交易商さんと、船大工のこーてーさんに「熟考」しているともらしたのは、これw

○現在
ベリー:美術・財宝・考古・宗教・地理・視認・探索・開錠
マリー:探索

○妄想未来
ベリー:考古・宗教・地理・視認・探索・開錠・曳航・サルベージ
マリー:生物・財宝・美術・探索・開錠・生態調査

こんな感じにできたらいいなぁと思う。
二人して分担作業にして、それぞれでいい結果出せればなぁ。

宗教・考古は、ちとキャラのコンセプトもあるので、ベリーからは外せない。付随するかたちで、探索・視認・開錠ときてしまう。他に視認が必要なのが地理だね。そこでこんな配置にしてみた。

生物と小さな女の子は似合うと、宇宙から電波が飛んできた。そこで、マリーは生物を中心に組み立てる。美術・財宝は視認が必要ないので、こっちに。

うーん。サルベージ・曳航は楽しそうなんだよなぁ・・・

本当はマリーに入れたかったのだが、陸戦能力があるのは、ベリー。
ベリーに入れるしかなかった。枠のシェイプアップになるかなぁと思ったけど、ならなかったorz

もう少し考えるか・・・@@





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。